携帯サイトはこちら

フェアトレードが
生活意識も目覚めさせます

お米くらぶ会員は「適正価格でお米を買う」だけではありません。暮らし全般について、フェアトレードの精神を行き渡らせた7つの約束を心がけます。

1米中心の一汁一菜で健康に

一汁一野菜の食卓

私たちは、メダカのがっこうが推奨する農家の米や野菜をフェアトレードします。そして、この食べるだけで元気になる米中心の一汁一菜生活で、自らの心身を建て直します。

2生活全般でフェアトレードの実行

水口さんのにんじん

私たちは、田畑の生きものの命を尊重せずに作った米や野菜(減農薬も含む)や、安価な労働力を使うことで低価格を可能にした商品は、安くても買いません。

3都会住人とお米農家が協働でつくる自給自足の仕組み

農家さんと保存食づくり

私たちは、米・味噌・醤油・梅干などの基本的な食べ物において、日本の醸造・発酵・塩蔵技術を継承している農家と協力して手作りし、顔の見える仲間のつくったもので健康に生きていけるように、都会で食べる人とお米農家が協働で自給自足の仕組みづくりに努めます。

4身土不二は地球の健康にも大切

身土不二

私たちは、輸入食料を買いません。なぜなら、食料の遠距離移動とは、水とミネラルの大量移動であり、食料輸出国の大地を劣化し砂漠化を引き起こすことすらあります。生きものの健康は、その土地で手に入る食べ物の存在と不可分であるという「身土不二」の教えは、地球の健康にも当てはまると考えます。

5みんなが兼農人になる

兼農人

私たちは、今まで生かされてきた大地と食に感謝し、一生の一時期、土に触れ自らを食育し、農家を手伝ったり、自ら農的生活をして、みんなの食べ物生産係になれるよう努めます。

6みんなと仲良く、多様性を楽しむ心豊かな人間に

笑顔の田ブラシ

私たちは、色眼鏡で人を見たり、反対運動や批判に時間を使いません。どの分野ともどの層とも、同じ志を持った人と繋がっていきたいと願っております。

7草も虫も人も幸せに

トンボ

私たちは、自分だけの利益を追求する経済効率の世界に在っても、草や虫や人や地球のみんなの幸せを考えた経済活動を目指し、メダカのがっこうスピリット=フェアトレードの精神で行動に努めます。

自分や家族の健康が守れればいい、というだけではないの。みんなの幸せや自然との調和があってこそ、自分も幸せ。そんな風に、みんなの心が広がるといいな、というのが、私の願いなの。

経済原理でなく、共生の原理で動きましょう

  • 人や生きものや大地を損なうものは選ばないようにしましょう
  • 「足るを知る」食生活を学び、実践しましょう
  • 身土不二、自給自足を心がけましょう
  • 他の人や生きもののことも尊敬し、感謝のうちに生きましょう