携帯サイトはこちら

参加者募集

2022年5月9日

別枠田んぼ体験▼もてぎの棚田でお米作りをやりませんか!

この企画の呼びかけ人は、メダカのがっこうの田んぼ担当、NAP根本伸一さんからです。申し込み、問い合わせはすべて根本伸一さんにお願いします。

呼びかけ人:メダカのがっこう/NAP根本伸一 TEL090-4930-3570

以下呼びかけ文です。

都心から車で2時間足らずの栃木県茂木町の棚田。小高い山々に囲まれた田んぼは、カエルやドジョウにトンボが飛び交い、時にはノスリなど大きな鳥たちもやってくる自然豊かなところです。泥にまみれ美味しい空気を胸いっぱい吸って、作業の後に田んぼで食べるお弁当の美味しさは、忘れられませんよ。

<スケジュール> (*天候・稲の生育によっては日程変更もあります。)

・5月14日(土)15日(日) 田植え2ヵ所
・6月18日(土)19日(日)草取り・生きもの観察・夕方BBQ・夜ホタル見
(借りているもてぎの一軒家に宿泊します。希望者のみ。)
・9月10日(土)か 17日(土) 稲刈り予定(天候次第で変更も)
・10月8日(土)か 15日(土) 脱穀予定

<交通・場所> (栃木県芳賀郡茂木町大字桧山120-1 モビリティリゾートもてぎ内)

・マイカーのある方は自費で車を出していただきます。常磐道を走って水戸インターで降り、約40分で茂木町へ。青梅ふれあい館(そば処おうめ)で集合、田んぼへ向かいます。
*希望者3~4家族は、メダカ車ともう1台に乗れます。

<費用>

・この手のイベントとしては格安でできます。田んぼの借り賃が、謝礼程度で済みますので。苗代や脱穀料などで米作りの経費は、1年を通して1家族1万円でお願いします。一人参加者は、1年を通して5,000円です。
・メダカ車等を利用する方は、大人一人3000円、子ども(1席)1500円、膝上無料でお願いします。
・6月18,19日の宿泊は、大人一人1000円+BBQ用食材(飲み代)、朝食の食費実費で(割り勘)。その他、こちらで用意する昼代はどの日でも別途かかります。
・集金は、現地で行います。

<申し込み>

・根本伸一さんにメールかFAXでお願いします。
E-mail: info@e-nap.jp
Fax 03-5695-1789
記載してほしい事柄
ご本人のお名前 ご家族の人数 お子さんの人数 ご友人の人数など
携帯電話番号
メールアドレス
メダカ車ご利用の場合 おとなの人数 こどもの人数


2022年4月16日

≪満員御礼≫▼6/30(木) 梅干しの黒焼き教室


皆様からの要望が多いので、梅干しの黒焼き教室を開催することとなりました。この機会に実際に作ってみましょう!

日本には昔から黒焼き療法という民間療法があります。昭和7年に主婦の友社から「黒焼き五百種」という本も出版されていますが、科学的に証明されていないものの、効果がある療法として語り継がれてきたものを日本中から集めて記録した本です。しかし、まだ科学されていないだけで、これから「なぜ効能があるのか」科学的にわかるかもしれません。

しかしこれは、陰陽の考え方ではすぐ理解できます。病気や化学物質や放射能による不調はすべて体が陰性に傾くので、それを極陽の黒焼きで立て直すのです。私は黒焼きを体の鎧のようなものだと考えています。
毒草を食べても、放射線治療をしても、抗がん剤を打っても、その毒の影響を最小限にするように働くので、毒は吸収されず、治療の副作用も最小限で済みます。
どんなに気を付けても、いろいろな汚染から免れられない現代人には、必要なものだと思います。ぜひご自分で作り方を覚えておいてください。

メダカのがっこうの梅干しの黒焼きは、無農薬の梅を伊豆大島の阪本さんの塩で塩漬けし、天日干しし、本漬けし3年物以上になったものを、土鍋に右回転に並べて蓋をし、空気が入らないように目張りをし、24時間焼いたものです。焼きあがったら冷ましてから蓋をあけ、種まで粉末に粉砕します。40gのビンには梅干約8個分の粉末が入っています。

続きを読む »


2022年4月14日

▼7/1(金)、8/1(月)、9/1(木) ケーキと映画の会 

「NPO法人メダカのがっこう」の所有する、食の安全や、種子や水に関する映画を鑑賞しませんか?
メダカのがっこうの所有するDVDのうち、観たい映画を選ぶことができます。お電話ください。0422-70-6647メダカのがっこう事務局まで。

映画の後は、NPO法人メダカのがっこうのシェフ 村樫さん手作りの砂糖・小麦粉を使わずに作ったケーキ(米粉や甘酒、メープルシロップが材料)と、黒焼玄米茶でホッとしながら、感想や意見を共有しましょう。

※当日の映画の内容につきましてはお問い合わせ下さい。

続きを読む »


2022年4月13日

別枠企画▼7/2-3 水口農場の草取り援農参加募集!

除草剤を使わない水口農場では、田植え後機械除草で草を抑えます。しかし、7月に入って稲が育ちますと機械が使えず、畔周りの手除草が重要になります。この時、多くの手が必要になります。ぜひ皆さんの手をお貸しください。昼間草取りの後、夕方温泉で汗を流し、夜はすし克の克ちゃんによるカツオのたたきなどを満喫していただきます。

■日時:
2022年7月2日(土)、3日(日)

■場所:
栃木県大田原市・水口農場
(栃木県大田原市荻野目492)

■参加費等:
①参加費
労働力+1,000円
(1泊2日宿泊費、食費など諸経費含む)
※夕食前に行く温泉の費用800円~1000円は各自で負担となります。
※宿泊施設は水口農場の自給自足研修施設です。枕・シーツカバーをご持参ください。
※清掃なども協力して行います。食事の準備もご協力お願いします。

■集合・解散:
<メダカの車に同乗希望の方>
7月2日朝7:30 水天宮交差点出発
7月3日午後2:00解散予定
※参加費のほかに、交通費往復3,000円

<マイカーで現地集合される方>
9:45 カインズホーム大田原店駐車場
メダカのがっこう田んぼの生きもの調査隊と書いた車がおります。

■お申込み:
メダカのがっこう活動支援室・NAP
☎ 03-5695-1788
メールアドレス:info@e-nap.jp


2022年4月10日

▼7/9(土) 夏の野草を知ろう!摘みに行こう!メダカ車は満員です。マイカーの方はOKです。


栃木県茂木にある仲澤農場「まほろばの里」は何十年も農薬や化学肥料を使わない棚田です。農薬を使っている田畑には生えていないやさしい野草がいっぱいです。この農場を歩いて春の野草を知って、摘みましょう!

草かんむりに楽と書いて「薬」。草は身体を楽にしてくれるもの。

当日は、NPO法人メダカのがっこう理事長の中村陽子が、19年間の田んぼの植物調査で培った毒草や野草を見分ける方法をお伝えします。

初めての方も、そうでない方も楽しく学んで、いろいろな春の草を知りましょう!

夏には夏の野草が生えます。春から生えている野草は時期ではありません。夏の野草は、イノコヅチ、イヌビユ、アカザ、シロザ、ノカンゾウのつぼみ、クワの葉など、ヘビイチゴの赤い実を焼酎に漬ければかゆみ止めが作れますよ(^O^)

ここで摘んだ草は、この日は料理をせず、翌日7月10日(日)の食養と手当法の野草料理に使います。そして、料理の仕方は、7月11日(月)の田んぼカフェでの夏の野草料理教室でお伝えします。

もちろん、ご自分の摘んだ野草はお持ち帰りくださって結構です。

どんな草に出会えるか楽しみですね♪

続きを読む »


2022年4月6日

▼7/22(金) 健康ぬか床教室


ぬか漬けの乳酸菌は植物性でとてもタフ、生きたまま腸に届き腸内環境を整えるのに役立ちます!
健康の為にもメダカのがっこう米の新鮮なぬかで美味しく健康的なぬか床を作りましょう。
腸内環境を整える事で、免疫力が上がります。肌は内臓の鏡なので、美肌効果もあります!

メダカのがっこう米の新鮮なぬか、米糀、フラワーオブオーシャン・シホ、真昆布、すべてオーガニックの材料を使用します!
美味しく健康的なぬか床を作り、毎日の食卓に乳酸菌いっぱいのぬか漬けを並べましょう!

続きを読む »


2022年2月2日

≪満員御礼≫7/11(月) 夏の野草料理教室(田んぼカフェ)


お米と野草中心の粗食の暮らしをしていると、だんだん血がきれいになって細胞と内臓が元気になります。
すると、体だけでなく、生き方、考え方も変わってきて、自分自身が生まれ変われるから不思議です。

草かんむりに楽と書いて「薬」。

夏には夏の野草をいただきます。春の野草は食べる時期が過ぎて、とてもアクが強くなっていますから。
草は身体を楽にしてくれるもの。でも、正しい食べ方を知らないと内臓を痛めてしまいます。

そこで、NPO法人メダカのがっこう理事長の中村陽子が、前日に摘んできた新鮮な野草で、若杉ばあちゃんに学んだ野草の下処理、効能、三段階のアクの抜き方の調理法の基礎をお伝えします。

初めての方も、そうでない方も楽しめる内容です。
お気軽にご参加ください。

続きを読む »