携帯サイトはこちら

参加者募集

2022年1月4日

▼1/15・20・21・22・31,2/11・12・19・25・26,3/5 醤油づくり説明会


初心者・ご関心ある方のための〝醤油づくり説明会〟です。昨年仕込んだ醤油の搾りの日に重ねました。
内容は、搾りの見学、この醤油づくりの考案者 萩原忠重さんのドキュメンタリー番組「90歳醤油づくりの詩」、原料や作り方の変遷、共同作業の意味、乗り越えることになる様々な問題、今年搾った醤油の味見など盛り沢山です。百聞は一見に如かずで、醸造されたモロミや搾り出てくる醤油の味見をしながら、ご説明します。
仲間と造る一樽コースと、メダカのがっこう事務局(東京・西荻窪)に天地返しに来られる距離に在住の方で、一人で一樽出来ない方のための個人コースがあります。

続きを読む »


2022年1月2日

▼1/24(月) 手作りポン酢教室


今年もポン酢教室の季節がやってきました。メダカのがっこうで仕込んだ手作り醤油、無農薬、無肥料の橙などを使って仕込みます。
一緒に絶品ポン酢を作りましょう。時間と共に変化するのも手作りの魅力です。仕込み量は1L。

続きを読む »


2022年1月2日

▼1/28-30 2泊3日米麹からつくる味噌造り合宿(水口農場)


今年の味噌づくり合宿は、今まで通り2泊3日の日程が復活しました。
原料は最高のものをそろえました。水口さんの有機大豆と有機米と伊豆大島の阪本さんの塩(フラワーオブオーシャン)です。
1日目、米を蒸かして麹付けし、麹の切り返しをする麹造りから参加します。2日目は大豆を蒸して潰し、3日目の早朝から、出来上がった米麹と塩と大豆を合わせて味噌樽に仕込みます。
参加者全員分の250kgの味噌を参加者全員で協力しあって作ります。
麹を作るところから参加してみたい方におすすめです。
麹造りの合間に、食の勉強会や、大豆の選別など農作業のお手伝いもします。2日間すべて水口農場の有機野菜のお料理で腸から元気になります。
麹造りはなかなか体験できませんし、ほかほかの菌の天地返しは本当に楽しいですよ!

続きを読む »


2022年1月1日

▼2/1(火)、3/1(火)、4/1(金) ケーキと映画の会 

「NPO法人メダカのがっこう」の所有する、食の安全や、種子や水に関する映画を鑑賞しませんか?
メダカのがっこうの所有するDVDのうち、観たい映画を選ぶことができます。お電話ください。0422-70-6647メダカのがっこう事務局まで。

映画の後は、NPO法人メダカのがっこうのシェフ 村樫さん手作りの砂糖・小麦粉を使わずに作ったケーキ(米粉や甘酒、メープルシロップが材料)と、黒焼玄米茶でホッとしながら、感想や意見を共有しましょう。

※当日の映画の内容につきましてはお問い合わせ下さい。

続きを読む »


2022年1月1日

▼2/8(火) 黒焼き玄米茶作り実践教室


飲みやすく免疫を上げ、デトックス効果抜群の籾付玄米の黒焼き。若杉ばあちゃんの直伝の作り方を学びます。この黒焼き玄米茶は、炭素とそれ以上のケイ素を持っているのが特徴です。体温を上げるので免疫力を上げる必要があるこの時節柄、特に適しているお茶です。
焙煎の香りに包まれる製造課程で身体がポカポカしてきます。
ご自宅で挑戦する前に是非こちらのお教室にお越しください!最後の難所の仕上げのコツをお伝えします。

同時に、マコモ茶の煎り方と煮出し方を実践し味わっていただきます。また、梅干しの黒焼きの作り方もご説明します。一度で黒焼きに関して全部覚えて帰ってください。
黒焼き玄米茶80gをお持ち帰りできます。ご自分で作る方のために、無農薬の籾付玄米もお分けします。

続きを読む »


2022年1月1日

▼2/10(木) 葉ニンニクワークショップ(石川恵理さんの教室です)

昨年、大好評だったワークショップ!

無農薬無化学肥料の葉にんにくを使って、醤油漬けとジェノベーゼ作りをします。
高知県が名産の葉にんにくは市場に出回ることが少なく、関東ではめったに手に入らない希少なお野菜です。そんな葉にんにくを使って醤油漬けとジェノベーゼ作りをします。
醤油漬けはチャーハンや炒め物など幅広く使っていただける保存食。
ジェノベーゼはパスタ、ピザ、パンやクラッカーのお供に最高です。 続きを読む »


2022年1月1日

▼2/27(日) にんじん掘り(水口農場)


毎年恒例!水口農場での春のにんじん収穫です。

水口さんのとっても美味しいにんじんが掘り放題!
収穫したにんじんは水口さんから皆様への日頃の感謝の気持ちだそうです♪

割れたにんじんや形の悪いにんじんは水口さんは全部土に戻してしまいます。
二股にわかれたにんじん、ねじれたにんじん、お店に並ばない芸術的なにんじんに結構出会えます。農家は商品にならないので捨てておくのですが、形の良いにんじんしか知らない都会の人たちには新鮮です。毎年飾ってからいただいています。

お昼ごはんは有機無農薬無添加の野菜料理ばかり、にんじんジュースも作ってくれます。

体調を万全に整えて、久しぶりに、水口農場へ出かけてみませんか?

続きを読む »