携帯サイトはこちら
「お米くらぶ」に入りませんか? いのちの力あふれるお米を毎日食べ、 休みの日には、農家さんのところに 出かけましょう。 そんな暮らしがあなたとあなたの家族を もっと元気にしてくれます!
 

● 「お米くらぶ」会員になると・・・ ●

(1)メダカのがっこうから定期的にお送りする安心・安全・美味しいお米を毎日食べて、
身体も心も健やかになります。

普通の産直米はここまでですが、「お米くらぶ」はそうではありません。ここからが、大きな違いです!

(2)メダカのがっこうの農家さんと直接つながり、田んぼ体験や保存食づくりなどで、 
都会に居ても自給自足的な暮らしができます。

1毎日食べる「お米」を「メダカのがっこう米」に。

  • ■ たくさんのいのちが育てるから、美味しい
  • ■ 毎日食べるご飯が、自然環境の再生につながる
  • ■ 食べ方も大事。米飯中心一汁一菜生活を

≪たくさんのいのちが育ててくれるから、メダカのがっこう米は「美味しい」≫

メダカのがっこう米は、「7つの約束」を守る農家さんがいのちあふれる田んぼで、心をこめて作ってくれています。じつはこの「7つの約束」とは、無農薬・無化学肥料はもちろんのこと、田んぼが稲だけでなく、様々な生き物にとっても住みよい場となるために決めた約束事です。

田んぼの多様な生きものの生命活動の結果として、肥料をやらなくても稲の成長に必要な栄養は供給され、農薬を使わなくでも病害虫がはびこらない良いバランスが保たれるのです。

お米を育てているのは、田んぼの生きものたち。その手助けを農家さんたちがしてくれている、といってもよいでしょう。たくさんのいのちが育てるお米だから、美味しいのです。

≪毎日の食べるご飯が、自然環境の再生につながる!≫

メダカのがっこう米を毎日食べるということは、それだけの広さの田んぼや農家さんのはたらきがそれによって守られるということです。それは、農薬や化学肥料が破壊してきた多様な生きものが生きる環境を復元することにつながります。毎日ご飯を食べることが、私たちや子孫が住める自然環境を再生することになるなんて、嬉しいことですよね?

≪米飯一汁一菜生活で身体も心も元気に≫

「お米くらぶ」会員さんには、美味しいお米を中心にした食事をお勧めしています。というのは、身体や心を作るのは、食べものだからです。元気の気の旧字は「氣」。中に「米」が入っているでしょう?昔の人は米がこそ元気の源だと知っていたのです。

お米離れが進んだ今では「ご飯は、一日一合も食べないよ」という人も増えています。食べものもあふれ、医学も進歩しているのに現代人は病気やストレスをたくさん抱えています。農薬、化学物質、放射能など、人間が作り出してしまったものの影響もあるでしょう。そんな時代だからこそ、昔の人があたりまえに実践していた「米飯中心一汁一菜」の食事で、身体を立て直しましょう。

メダカのがっこうでは「自給自足くらぶ教室」でお米の炊き方、発酵食品について、食養生など「食べもので身体を立て直す」方法についてお教えしていますが、お米くらぶ会員の方はすべての講座に“お米くらぶ会員価格”でご参加いただけます。

  • お送りするお米は、年間ひとり1俵〜を推奨しています(精米した分量で月換算で1人4.5kg/月、一日1合ぐらい)

2普通の「お米の産直販売」とは、ここが違う!

じつは、無農薬のお米を年間購入するという普通の「産直」以上の「いいこと」が「お米くらぶ」にはついてきます。それは農家さんや田んぼとの「顔の見える関係」が築けること。田んぼに素足で入ったり、お米を作ってくれている農家さんと交流したり保存食品づくりをしたりすることは、生きる自信をもたらしてくれます。

  • ■ 田植・草取り・稲刈りなどの田んぼ体験ができます!
  • ■ 農家に保存食づくりを学び、お米以外の基本食料も自給できます。

≪いのちあふれる田んぼにでかけて、              
お米がどうやってできるかを身体で体験できます≫

メダカのがっこうでは「お米くらぶ」会員のみなさんのために、お米を作ってくれている農家さんと直接つながるプログラムを用意しています。

メダカのがっこうの農家さんの田んぼには、カエルやトンボやクモやホタルなど、数えきれないほどの生きものがあふれています。そのような田んぼに行って、田植や稲刈りなどの田んぼ体験などができます。水や土や生きものたちと身体ごと触れる体験は、子どもにとっても大人にとっても、楽しくて、気持ちよくて、生きる実感や手応えに満ちたものです。そこが自分が食べるお米が育つ田んぼであれば、その喜びは、なおさらです。

農家さんとも仲良くなって、穫れたて野菜のご飯をいっしょに食べたり暑い夏に、農家さんの草取りの応援をする「援農隊」に出かけるご家族もいらっしゃいます。あなたの休日の過ごし方や意識を変える「お米くらぶ」で、都会に住んでいても田んぼとつながることができますよ!

≪農家さんに保存食づくりを学んで、               
味噌や醤油、油、漬け物も自給しませんか?≫

ご飯中心の一汁一菜生活はお米だけでは成り立ちません。
お味噌、醤油、油などの基本調味料や穫れる時期に加工した一年分を食べる梅干しや漬け物も、大事なアイテムです。 ちゃんとしたものを求める人は、自然食品店や生協などで、無添加のものを選んで買っていることが多いでしょう。 けれど、農家では米作りが一段落する農閑期に、こうした調味料や保存食品を一年分作りだめして自給してきました。 「お米くらぶ」の会員になると、こうした保存食づくりを共同で体験し、自分の家で年間使う分を持ち帰ることができます。 年に10日、農家に出かければ、美味しくて安心安全なみそ、醤油、油、梅干し、沢庵が確保できる!農家とつながるからこそできる自給自足ライフを、あなたもぜひ始めませんか?

● 「お米くらぶ」の実際 ●

  • ■ 年間1俵を、51,600円(消費税とメダカのがっこうへの寄付金3000円込み、送料別)でお届け
  • ■ 「お米ダイニング」で、メダカのがっこう米の美味しいご飯が食べられます
  • ■ フェアトレードとしての価格設定

≪ご家庭にご希望の方法でお届けします≫

1口=1俵(60kg)12袋 51,600円 (45,000円+消費税+メダカのがっこうへの寄付金3000円)でお届けします。

パッケージデザイン/古谷愛子
みなさんは、このお米とともに、こんな可愛い畔の草たちが豊かに生える田んぼ環境をも買ってくれていることになります。「草も虫も人も みんなが生きていける田んぼがある」というメッセージを添えてパッケージとしました。

  • 【内容量】1袋が4.5kgとなります。
  • 【配送頻度】一括、毎月、2ヶ月に1回など、お選びください。
  • 【精白度合】玄米、白米、5分づきからお選びください。
  • 【メダカのがっこうへの寄付金】1口につき3,000円をメダカのがっこうの寄付金とさせて頂きます。

贈り物や試食用に、スポット買い(2kg 3024円)でもお求めいただけます。

メダカのがっこう米を作ってくださっている農家さんを「花まる農家」呼んでいます。現在4軒の「花まる農家」さんが「お米くらぶ」にご協力くださっています。

「お米くらぶ」では「この農家さんのお米」と特定することもできます。
椿任功さん (千葉県香取市)
中村和夫さん(福島県郡山市)
水口博さん(栃木県大田原市)
佐々木治巳さん(新潟県佐渡市)

≪「フェアトレード」として価格設定をしました≫

農家が困っているのは後継者問題。お米の価格が安過ぎて、継がせられないというのです。まして「7つの約束」を守りながら手をかけた無農薬無化学肥料栽培であれば、なおさらで、労働に見合わない収入にしかならなければ、田んぼの担い手はいなくなります。

そこで、需給バランスによってではなく、丹精込めてお米づくりしてくださる農家さんを支えるために適正価格を支払うという点からの価格設定としました。

お米を作れない私たちは、働いて得たお金を農家さんにお渡しして、お米を作っていただく。農家さんは、そのお金でお米づくりに専念することができ、そのおかげで、私たちは、元気の源であるお米を食べることができる。

そんな双方向に感謝し合う「フェアトレード」な関係のなかだちを、メダカのがっこうでさせていただきます。

★ 西荻窪に「田んぼカフェ」がオープンします! ★

メダカのがっこう理事長 中村陽子が『田んぼカフェ』をオープンすることになりました!メダカのがっこう米を使ったメニューを味わうことができます。また、自給自足くらぶのお教室や野草料理教室なども『田んぼカフェ』で開催いたします。お楽しみに!

お米くらぶに申込みましょう

米1口=1俵(60kg)12袋 51,600円 (45,000円+消費税+メダカのがっこうへの寄付金3000円)

「お米くらぶ」会員さんには、自給自足教室や田んぼ体験など、メダカのがっこうで主催する全てのイベントに“お米くらぶ会員価格”でご参加いただけます。