携帯サイトはこちら

参加者募集

2019年12月28日

≪終了≫1/16(木) 炭の勉強会


そもそも炭ってなに?炭の効能について
・竹炭、備長炭、麻炭、お米の炭、等たくさんの種類があるのをご存知ですか?シーン別で日常生活への効果的な取り入れ方を衣食住に分けて説明します
・炭のお手入れ方法をゲットして効率よく長く炭を活用しましょう
・早速活用!炭のお洗濯実践会


■日時:
2020年1月16日(木)
13:30~15:30

■場所:
「田んぼカフェ」 
(武蔵野市吉祥寺南町5-11-2 最寄駅はJR中央線西荻窪)
 地図はコチラから

■持ち物:
筆記用具、使い古しの靴下(旦那さんのものなど)

■参加費:
2,000円(税込)
※メダカのがっこう自慢の手作り黒焼き玄米茶と竹炭あられ&すぐに実践できる炭のお土産付です

※参加費は、当日現金でのお支払いとなります。

■定員:
先着14名様
お子様も歓迎です!

■お申込み:
下のフォームからお申込みください。
お申込みフォーム
※別ウィンドウが開きます。

※会員申込もされる方は、先に会員の申込をしてからイベント申込をお願いします。
会員申込についてはこちらから

■お問合せ:
ご不明点はお気軽にお問合せください♪
 メダカのがっこう事務局
 TEL:0422-70-6647
 メール:info@npomedaka.net

■講師紹介:
【田中優子氏について】
1981年12月生まれ。
小学校4年生の時に身の回りで起きた環境破壊に心を痛め、自然環境の問題に興味を持つようになる。
小学校6年生の時には、自然保護の活動をおこなっている宮下正次氏運営(前橋森林管理局)の(森林の会)という活動をみつけ入会。
玉原のブナの林や、足尾銅山、赤城、前橋、敷島公園など色々な所で自然観察活動を行い、活動の中で、立ち枯れしたブナや松の木に炭を撒く活動をおこなう。そこではじめて炭と出会う。

その後上京し、
麻布大学健康環境科学科に入学
炭化温度の違うヨシ・アシ・マコモなどの炭を用いたアンモニアの吸着実験をおこない卒論にする。

環境&農業&販売の社会経験を重ね、
現在は母親として二人の娘を育てる傍ら
衣食住に炭を取り入れながら生活する中で
益々炭の効能・パワー・地球にやさしく人に優しい魅力を日々実感されていく。

自分たちだけに留めておくのはもったいなく
炭の魅力を発信する炭アンバサダーとして
箱根エコビレッチでの炭焼き体験イベントを主催したり炭の勉強会・炭のワークショップを主催し、炭の魅力を発信し続けている。

■中村陽子からの推薦文:
小学6年生から炭に魅力を感じ、大学でも炭の研究をし、実際に炭焼きをしながら、衣食住に炭を取り入れて生活し、炭のワークショップなど炭の魅力を発信している方です。
私が知る限りでも、炭は酸性雨を受けた土を中和し、樹を元気にし、微生物に棲家を提供し、飲めば、腸をきれいにし、放射能を集めて出し、水を美味しくし、結界をつくり、身体も地球も清浄にする力を持っています。わたしたちはもっと炭を知って炭を使えるようになればよいのではないかと思います。それに炭は誰にでも焼けます。炭の勉強をしましょう!