携帯サイトはこちら

参加者募集

参加者募集

参加者募集

参加者募集

参加者募集

参加者募集

参加者募集

参加者募集

参加者募集

参加者募集

2022年6月29日

▼8/5(金)七夕の節供/『星に願いを~女性力を高める七夕伝統飾りづくり』

「カミアソビ光の庭」の荒川真由美さんの教室です。和紙で作る七夕伝統飾りをつくります。

旧暦で祝う七夕の節供は八月上旬。お盆の前に当たります。七夕は本来、棚織(たなばた)から来ている機織りの儀式で、神に捧げる衣を織るのは棚織つ女(たなばたつめ)。女性の才覚が高まるよう願い祈る儀式です。伝統にあやかり、七つの飾りから技芸上達に関連する紙衣、巾着、吹き流しを中心に、それらに込められた意味を改めて考えながら、美しい和紙を使って飾りを作ります。梶の葉をかたどった五色の短冊に筆で願いを書き、笹竹に吊るしましょう。笹竹(1メートル弱)はおひとり様一本ずつお持ち帰り頂き、七夕飾りと共にご自宅に飾って頂けます。親子での参加も大歓迎です。
五感を使って感じる経験はあなただけの宝物です。ご一緒に、和の文化の美意識を学び育てて参りましょう。

講師プロフィール:「カミアソビ〜光の庭」主宰、荒川真由美『植物🌱×アート』な目線で、普段の生活に季節の彩りを添える手仕事を通じて美しいくらしを探求中。節供の行事や切り紙ワークショップなどで提案。これまで作品の展示と合わせて、こどもから大人まで国内外でワークショップを多数展開。現在は有用植物🌿を暮らしに取り入れ、アートな手仕事を楽しむ場としてのリアル光の庭を創造するべく画策中^ ^。
カミアソビ〜光の庭
https://m.facebook.com/kouniwa.art/
MAYUMI ARAKAWA
http://www.mayuara.net/

●お問合せ
http://www.mayuara.net/contact
info@mayuara.net

続きを読む »

2022年6月27日

▼8/18(木)第18回炭の勉強会@メダカのがっこう【サスティナブルと炭】&【炭で染め物体験】

今回は 竹炭✖︎麻炭✖︎備長炭とサスティナブル をズームインしていきます!! どれも身近にある炭たちですが それぞれに特徴が全く異なります^ ^ それぞれの良さを知り生活の中により活かしやすく出来るようになりませんか? また、今回は、炭女愛用中の炭染め体験ワークショップも開催します! 作った染め物はご自宅で3日以上保管し一度水洗いして手洗いしてから使用できます。 手作りの炭の染物どうぞお楽しみに☆ すぐに炭を実生活で取り入れられるように、炭の販売会も開催します。定員 先着10名様
ご質問等ありましたら こちらまで shabo88888777@gmail.com炭座 田中優子

続きを読む »

2022年6月25日

▼8/25(木) 真菰(マコモ)葉ですだれづくりワークショップ

若杉ばあちゃんのお料理でも登場するマコモダケの葉っぱですだれを作ります。
作ったものは、窓にすだれとしても使えますし、ゴザ、くるくる巻いて枕にしたり、用途は様々。

まこもとは、イネ科の植物で、成長すると2m程にまで伸びます。
『古事記』や『日本書紀』にも記述があり、古代から食用、薬用、霊草として用いられています。
浄化作用のあるまこもの葉は、神社のしめ縄や神事にも使われており、その昔、お釈迦様が病人をまこもの葉で編んだムロに寝かせて癒やしたというお話しもあります。

今回使用するまこもの葉は、栃木県茂木のホタルが飛び交う自然豊かな場所で育ったまこも葉を使用します。

まこもの青々しい香りの中で、癒やされながら昔ながらの手仕事を楽しみませんか?
ご参加お待ちしております。

★講師プロフィール
村松美智恵 Macomo Evangelist 真菰栽培者(飯能市、茂木市) 真菰を衣食住に生かした暮らしの提案をし、各地に出向き、真菰普及活動を展開しています。
真菰葉のお飾り、しめ縄教室の開催、野草、旬の食材の発酵食料理教室の開催、マコモタケ、醸しランチワンデイカフェ開催、オリジナル糀おやき販売。

続きを読む »

2022年6月23日

▼9/1(木)、10/3(月)、11/1(火) ケーキと映画の会 

「NPO法人メダカのがっこう」の所有する、食の安全や、種子や水に関する映画を鑑賞しませんか?
メダカのがっこうの所有するDVDのうち、観たい映画を選ぶことができます。お電話ください。0422-70-6647メダカのがっこう事務局まで。

映画の後は、NPO法人メダカのがっこうのシェフ 村樫さん手作りの砂糖・小麦粉を使わずに作ったケーキ(米粉や甘酒、メープルシロップが材料)と、黒焼玄米茶でホッとしながら、感想や意見を共有しましょう。

※当日の映画の内容につきましてはお問い合わせ下さい。

続きを読む »

2022年6月22日

▼9/9(金) 黒焼き玄米茶作り実践教室


飲みやすく免疫を上げ、デトックス効果抜群の籾付玄米の黒焼き。若杉ばあちゃんの直伝の作り方を学びます。この黒焼き玄米茶は、炭素とそれ以上のケイ素を持っているのが特徴です。体温を上げるので免疫力を上げる必要があるこの時節柄、特に適しているお茶です。
焙煎の香りに包まれる製造課程で身体がポカポカしてきます。
ご自宅で挑戦する前に是非こちらのお教室にお越しください!最後の難所の仕上げのコツをお伝えします。

同時に、マコモ茶の煎り方と煮出し方を実践し味わっていただきます。また、梅干しの黒焼きの作り方もご説明します。一度で黒焼きに関して全部覚えて帰ってください。
黒焼き玄米茶80gをお持ち帰りできます。ご自分で作る方のために、無農薬の籾付玄米もお分けします。

続きを読む »

2022年6月21日

▼9/16(金) 健康ぬか床教室


ぬか漬けの乳酸菌は植物性でとてもタフ、生きたまま腸に届き腸内環境を整えるのに役立ちます!
健康の為にもメダカのがっこう米の新鮮なぬかで美味しく健康的なぬか床を作りましょう。
腸内環境を整える事で、免疫力が上がります。肌は内臓の鏡なので、美肌効果もあります!

メダカのがっこう米の新鮮なぬか、米糀、フラワーオブオーシャン・シホ、真昆布、すべてオーガニックの材料を使用します!
美味しく健康的なぬか床を作り、毎日の食卓に乳酸菌いっぱいのぬか漬けを並べましょう!

続きを読む »

2022年6月19日

▼9/25(日) 稲刈り体験(水口農場)



水口さんは、8町歩も無農薬栽培でやっているので、ほとんど機械刈りですが、私たちの分を少し残しておいてくれます。そしてコンバインにも乗せてくれます。
いろいろな稲刈りを体験してみたい方にオススメです!
イナゴやカエル、赤とんぼ等々、色々な生きものにも触れ合えます。

続きを読む »

2022年6月12日

▼10/17(月) 和せいろで炊くお赤飯


日本の季節と伝統手仕事が大好き、ハンド天国の石川恵理さんの教室です。

[和せいろで炊くお赤飯] 和せいろでお赤飯を炊いたことはありますか? 日本には昔ながらの和せいろがあります。 小豆を茹でるところから、蒸しあげるところまで、その手仕事には日本人の丁寧な仕事ぶりが詰まっています。 一度やり方を覚えたら簡単です。皆さんで美味しいお赤飯を作りましょう!

続きを読む »

2022年6月10日

▼10/28(金) 梅干しの黒焼き教室


皆様からの要望が多いので、梅干しの黒焼き教室を開催することとなりました。この機会に実際に作ってみましょう!

日本には昔から黒焼き療法という民間療法があります。昭和7年に主婦の友社から「黒焼き五百種」という本も出版されていますが、科学的に証明されていないものの、効果がある療法として語り継がれてきたものを日本中から集めて記録した本です。しかし、まだ科学されていないだけで、これから「なぜ効能があるのか」科学的にわかるかもしれません。

しかしこれは、陰陽の考え方ではすぐ理解できます。病気や化学物質や放射能による不調はすべて体が陰性に傾くので、それを極陽の黒焼きで立て直すのです。私は黒焼きを体の鎧のようなものだと考えています。
毒草を食べても、放射線治療をしても、抗がん剤を打っても、その毒の影響を最小限にするように働くので、毒は吸収されず、治療の副作用も最小限で済みます。
どんなに気を付けても、いろいろな汚染から免れられない現代人には、必要なものだと思います。ぜひご自分で作り方を覚えておいてください。

メダカのがっこうの梅干しの黒焼きは、無農薬の梅を伊豆大島の阪本さんの塩で塩漬けし、天日干しし、本漬けし3年物以上になったものを、土鍋に右回転に並べて蓋をし、空気が入らないように目張りをし、24時間焼いたものです。焼きあがったら冷ましてから蓋をあけ、種まで粉末に粉砕します。40gのビンには梅干約8個分の粉末が入っています。

続きを読む »

2022年6月9日

別枠田んぼ体験▼もてぎの棚田でお米作りをやりませんか!

この企画の呼びかけ人は、メダカのがっこうの田んぼ担当、NAP根本伸一さんからです。申し込み、問い合わせはすべて根本伸一さんにお願いします。

呼びかけ人:メダカのがっこう/NAP根本伸一 TEL090-4930-3570

以下呼びかけ文です。

都心から車で2時間足らずの栃木県茂木町の棚田。小高い山々に囲まれた田んぼは、カエルやドジョウにトンボが飛び交い、時にはノスリなど大きな鳥たちもやってくる自然豊かなところです。泥にまみれ美味しい空気を胸いっぱい吸って、作業の後に田んぼで食べるお弁当の美味しさは、忘れられませんよ。

<スケジュール> (*天候・稲の生育によっては日程変更もあります。)

・5月14日(土)15日(日) 田植え2ヵ所
・6月18日(土)19日(日)草取り・生きもの観察・夕方BBQ・夜ホタル見
(借りているもてぎの一軒家に宿泊します。希望者のみ。)
・9月10日(土)か 17日(土) 稲刈り予定(天候次第で変更も)
・10月8日(土)か 15日(土) 脱穀予定

<交通・場所> (栃木県芳賀郡茂木町大字桧山120-1 モビリティリゾートもてぎ内)

・マイカーのある方は自費で車を出していただきます。常磐道を走って水戸インターで降り、約40分で茂木町へ。青梅ふれあい館(そば処おうめ)で集合、田んぼへ向かいます。
*希望者3~4家族は、メダカ車ともう1台に乗れます。

<費用>

・この手のイベントとしては格安でできます。田んぼの借り賃が、謝礼程度で済みますので。苗代や脱穀料などで米作りの経費は、1年を通して1家族1万円でお願いします。一人参加者は、1年を通して5,000円です。
・メダカ車等を利用する方は、大人一人3000円、子ども(1席)1500円、膝上無料でお願いします。
・6月18,19日の宿泊は、大人一人1000円+BBQ用食材(飲み代)、朝食の食費実費で(割り勘)。その他、こちらで用意する昼代はどの日でも別途かかります。
・集金は、現地で行います。

<申し込み>

・根本伸一さんにメールかFAXでお願いします。
E-mail: info@e-nap.jp
Fax 03-5695-1789
記載してほしい事柄
ご本人のお名前 ご家族の人数 お子さんの人数 ご友人の人数など
携帯電話番号
メールアドレス
メダカ車ご利用の場合 おとなの人数 こどもの人数