携帯サイトはこちら

活動報告

活動報告

活動報告

活動報告

活動報告

活動報告

活動報告

活動報告

活動報告

活動報告

2016年1月1日

12月19日20日 醤油搾りin山梨県白州町/五風十雨農場

DSCN0979DSCN0977

メダカのがっこうは今年も48樽の醤油モロミを仕込み、醸造していますが、12月には、山梨長野方面の12樽の持ち主が搾りに集まりました。この農場の名前は、五風十雨農場、五日に1回雨が降り、十日に1回風が吹く理想郷の気候だそうで、地球の環境を守ろうという決意の表れとか。メダカのがっこうの向山理事の農場です。

 

DSCN0978 DSCN0975

集まってきた樽は一つ一つ状態が違い、溶くお湯の量を決定することが搾り師さんの重要なお仕事。岩崎洋三先生と、山本弘さん、天野次郎さんがみんなの醤油を搾りに来てくださいました。研修生のまりさんも熱心に勉強していらっしゃいました。

DSCN0985 DSCN0994

左はお湯で溶いたモロミを搾り袋に入れて搾り船に並べているところ。しぼり出てきた醤油は自分のも人のもこどももおとなもみんななめて味見をするのが一番の楽しみです。日本人はお醤油が大好きなのですから。

DSCN1005 DSCN0990

搾ったお醤油は火入れをします。88℃まで上げて、アクをとります。冷めたら持ち帰り、1週間ほど置いてオリが沈むのを待ち、上からしずしずを瓶詰します。3月4日5日6日7日には、あきる野市の近藤醸造店で24樽分の醤油モロミ樽を搾ります。自家製醤油を作ってみたい方は、一度見に来てください。3月13日には2016年の仕込みをします。詳細はメダカのがっこうのショップで。(報告:中村陽子)

 

 

 

 

 

2016年1月1日

12月13日 たくあんづくり

12月はやはりたくあんを漬けておかなければ、農薬・化学肥料・添加物ゼロで、すりたてのぬかを使用した自然のさわやかな甘みのたくあんは手に入りません。大根は首まで土に埋まっている昔ながらのたくあん大根、干し柿を作った時に出た皮、無農薬のみかんの皮、昆布、鷹の爪、伊豆大島の阪本さんの塩、水口さんのお米のすりたてのぬかを使って、贅沢なたくあんを作りました。

P1110012P1110015

左は半月ほど干している大根。右はたくあん漬けの材料の一部、これにぬかと塩が加わります。

P1110027 P1110021

まず、水口さんがお手本を作ります。今年わかったコツは、大根に塩水をよーくすり込むこと。そして隙間なくぎゅうぎゅうに漬けこみます。

P1110042 P1110049

そのあとは自分で納得がいくまで漬け込みます。漬けこんだものを車に摘んだり、自宅に発送の手続きをしたら、ほっと一息、安心でおいしい昼食をいただきながら、いろいろな情報交換の場になっています。世間では変人でもここでは心の通じる人ばかり。楽しいひと時です。(報告:中村陽子)

 

 

2016年1月1日

12月6日 メダカのがっこう交流会

気候もメダカのがっこう周辺にも変動があった2015年でしたが、新生メダカのがっこうとして、生まれ変わることになりました。神保町のお米ダイニングも本郷店も閉めて、吉祥寺南町の自宅でありメダカのがっこう事務局に、田んぼカフェを始め、そこで、本来のメダカのがっこうの目的に沿った活動を促進することになりました。そんな年末でしたが、メダカのがっこうの会員も花まる農家も各地から集まってくださり、和やかな交流会になりました。IMG_2377 IMG_2387

今年は 特に講師をお呼びせず、中村陽子が毎月の研究会で深めてきた塩、味噌、醤油、油など、重要な調味料のお話をさせていただきました。市場に出回っている商品が経済効率や状態の変化がないよう、どのようなことになっているのか、だから、自分たちでつくるしかないという結論と実践状況。実際原料から揃えて作ってみてわかったことなど、お伝えしました。生きもの調査担当の市村から各農家の田んぼの生きもの調査報告もありました。

P1100921 P1100916 P1100908

次に毎年恒例の農家さんたちのパネルディスカッション、今年の天候不順と風の害にご苦労された様子、その結果にお米の色や形、味に満足がいかない農家さんたちの心痛を聞かせていただきました。以前やっていた収穫量にかかわらず面積当たりの田んぼ環境を買うという田んぼトラスト制度が、本当の農家支援になるのではないかと、会員の中からご意見をいただきました。ありがたいことです。選択制で考えようと思います。

 

P1100905  P1100888P1100889

上の写真は、上段 左から、トキの田んぼを守る会の斉藤真一郎会長、佐渡市の佐々木治巳さん、大田原市の水口博さん、下段左から香取市の椿任功さん、郡山市の中村和夫さん、それを嬉しそうに見ている奥さま喜代さん

1P1100940 1P1100937

今年も完全に化学物質ゼロの安全でおいしくて体にやさしい料理が並びました。お品書きは、①おむすび2種(玄米塩むすび&黒米むすび) ②マコモタケの南蛮漬 ③ニンジンとクルミのサラダ(クミン風味) ④レンコンとカシューナッツの辛味炒め ⑤根菜の酒粕クリーム煮 ⑥たたきゴボウの雑穀和え ⑦蕪とラディッシュとひじきのサラダ ⑧蒸し野菜の味噌ディップ ⑨二色イモと大豆の粒マスタード和え ⑩小松菜の醤油麹和え ⑪ぬか漬いろいろ ⑫クッキー2種(デトックス黒焼きクッキー&雑穀クッキー) ⑬りんごのコンポート ⑭米粉のカップケーキ2種(甘酒ゴマ餡&ニンジン餡) ⑭お茶2種(黒焼玄米茶&三年番茶) ⑮百薬の長(メダカのがっこう酒) 料理は、田んぼカフェで料理を作ることになっている村樫美千代さんがメインに作りました。こんな感じの料理が、2月からは田んぼカフェで提供されることになります。皆様お楽しみに!

1P1100976

最後はやっぱりふるさと合唱。「山は青きふるさと、水は清きふるさと」の歌詞は、今の日本では得難いもので、これから復活しなければならない自然環境だと思うと、心が引き締まります。(報告:中村陽子)

 

 

 

 

 

 

2016年1月1日

11月3日4日5日岩手県田老町と大槌町へ東北支援の旅

栃木県茂木町に東北支援の棚田があります。生きものいっぱいの棚田は、稲を作り続けないと環境を守ることができません。その仕事を石巻に本拠地を置くNPO底上げの若者たちとメダカのがっこうの有志が行いながら、毎年収穫した生物多様性の棚田米を、会員とご縁の深い田老町と大槌町の保育園や児童館に届けています。その他に、お米くらぶ会員から少しもてあましているお米をご寄附いただき、それも一緒にお届けしています。今年も2泊3日で行ってきました。

DSCN0928 DSCN0932

朝日が海から昇ります。田老町の保育所や児童館で、田んぼ紙芝居をやり、このお米がどんな田んぼで作られているかお話します。毎年子どもたちは入れ替わっているはずなのに、田んぼのことをよく知っているのです。昨年聞いてくれた年長さんが、お米作りに挑戦しはじめたり、生きもののこともよく勉強していました。

DSCN0955 DSCN0947

紙芝居の後は、おむすび教室です。みんなで1つずつ作り、おかわりは私がどんどん結びました。一人で3個4個と食べるお子さんもいました。おむすびを食べる子どもの姿が大好きな私は、至福の時を過ごしました。おむすびとこどもってなんでこんなに似つかわしいのでしょう。

DSCN0963 DSCN0956

最後にお礼だと言って、踊りを踊ってくれました。もし来年一緒に来て手伝いたいと思ってくださる方は、中村陽子まで申し出てくださいね。(報告:中村陽子)

 

 

 

 

2016年1月1日

10月25日 秋のマコモタケ料理教室in大田原

秋には野草ではなく、秋に実る穀物とかマコモタケを食べます。マコモは、イネ科の多年草、英名はワイルドライス、生息地は沼や川や田んぼの水路、毎年春になると水中の根から芽を出し、夏には2m近く高くなり、秋にワイルドライスという黒いお米を実らせます。しかし、黒穂菌に感染しているマコモは株元が膨らみマコモタケができます。マコモは、紀元前から使われていた植物で、お釈迦様は、病人が来るとマコモを食べさせ、マコモの布団に寝かせたそうです。私たちもこの季節にしか食べられないマコモタケを料理して食べましょう。

DSCN0841DSC_1911

大田原の水口農場では、毎年マコモの苗を新たな田んぼに植え替えるので、農薬や化学肥料に頼らなくても立派なマコモタケが採れます。マコモタケは連作するとどんどんマコモタケが小さくなり、同じ田んぼで作るには、よほど窒素肥料を入れないと大きく育たないのです。

DSCN0901 DSCN0900 DSCN0898

料理教室のお品書きは、①マコモタケの南蛮漬 ②マコモタケのしぐれ味噌 ③マコモタケの蒸しロースト(写真右) ④マコモのぬか漬(写真中央) ⑤マコモタケとニンジンのナムルとニンジン葉のごま和え ⑥ニンジンのジュノベーゼソース ⑦マコモタケの炊き込みご飯 ⑧マコモタケとホタテのスープ ⑨ニンジンのスイーツ(写真左) ⑩マコモ茶

DSCN0897 DSCN0903

すべて自然栽培の野菜(マコモタケやニンジンや青菜)と手造りの味噌醤油で料理されたものばかり、このつながりに感謝し、お米を中心に置いて育てていきましょう。安全な食料の確保、生きていける環境の保全は、一人ではできないのです。素晴らしいメダカのがっこうの花まる農家と手をつなぎましょう。(報告:中村陽子)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年10月19日

10月11日赤峰勝人“なずな問答塾”in東京

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月に続いて、赤峰さんにお越しいただき、今回は、大分の赤峰農場で毎月第4日曜日に行われている“なずな問答塾”を東京で開催していただきました。作物を育てる農業は土づくりが基本、赤峰さんは、その土づくりの神髄がわかったとたんに、人間の身体の理屈もわかり、アトピーや病気の人を食べものだけで治せるようになったお百姓さんです。今回は、食で自分の問題を解決しようと決心した7名の相談者が、1か月にわたり、食事内容を記録した「食事ノート」を参加者全員に公開して下さり、赤峰さんの指導を受けました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

土と人の身体は同じ理屈なので、農業の相談も行われました。この日の会場を提供して下さったコンチネンタルホテル府中は、青森に東北牧場という、馬の牧場とその馬糞を完熟たい肥にして無農薬の野菜を作っている農場を持っています。その担当者も質問をいろいろ用意してきていました。またメダカのがっこうの花まる農家、大田原の水口さんも赤峰さんのニンジンに憧れて、ニンジンを作り始めて数十年、この日は間引きしたニンジンをみんなにお土産に持ってきてくれました。赤峰さんはこのニンジンを見て、生命力の氣にあふれていると絶賛しました。その水口さんもいろいろ質問をしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤峰さんのお話の中で、私がこの日、一番心に残ったのは、人間のからだに効く薬は、草冠があらわすように、植物しかないこと。土を作るのも草しかないこと。化学合成されたもの、石油から作ったものは、成分だけ同じでも人間にも土にも効果がないことを肝に銘じました。このことを赤峰さんは12年間かけて体験で分かったのです。理想の土のミネラルバランスも、化学肥料や化学合成された成分を投入して作った土では、健康な作物はできないこと、人間もたとえばゲルマニウムがガン予防に有効であっても、化学合成されたゲルマニウムでは効果がないということです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

植物は100年かけて1㎝の表土を作る。その土に化学合成された肥料、除草剤、消毒剤、燻蒸剤、殺虫剤などを入れている人間の愚かさ。これに気づいたら、私たちメダカのがっこうと一緒に、いのちを優先する農家と一緒に、生きる環境と安全な食料に困らない日本を次世代に残せるような先祖になるべく、がんばりましょう!

2015年10月6日

10月4日 水口農場の稲刈り体験と収穫祭

DSCN0783

スーパー農家の水口さんのあいさつ

DSCN0786

ニンジン畑も順調です。3月初めには二ンジン堀りがありますよ!

皆さん、広大な面積をすべて無農薬で栽培するという農家はほとんどいません。みな無農薬は数割で、あとは減農薬です。というのも本当に無農薬栽培はタイミングを外すと草にやられてしまい、広大な面積は無理だからです。その無理を通しているのが水口博さん。水口農場の親方です。水口さんいわく、ちょっとでも農薬を使った作物があると、コンバインも精米機も全ての機械を1回ごとにきれいに掃除して、お米が混ざらないようにしなければならず、それが面倒だからだということですが、本当に思い切りが良い人間なのです。

DSCN0785 DSCN0788 DSCN0820  DSCN0812 DSCN0807DSCN0827

今年は草対策に成功し、先日の水害の害もなく、無事収穫を迎えられたことに感謝して、お米を食べてくれている会員に稲刈り体験や農園案内、お昼のご馳走、マコモタケや新米他、たくさんの御土産を用意して待っていてくれました。稲刈りと言っても、水口さんがコンバインで田んぼの回りを2周ほど刈り取り、そこから好きなだけ鎌を使って手刈り体験をし、今度は順番にコンバインに乗せてもらって稲刈りをするという、テーマパークに遊びに行ったような1日でした。

DSCN0840

田んぼ大好き猫、モモちゃん。水口さんを追ってどこへでも。

DSCN0841

よし、みんなにマコモタケを採ってやるとマコモ田に入る水口さん

DSCN0842

マコモ田の生きもの調査、ヤゴ数種、ガムシ、カゲロウ幼虫などなど

DSCN0862 DSCN0867 DSCN0863お昼は、とれたての無農薬の野菜と米で、お母さんの料理や、みみちゃんというマクロビ料理の名人が料理した贅沢なご馳走やスイーツ、黒焼き玄米茶やマコモ茶もおいしくいただきました。こんなにしていただいていいのかしらと思うほど、次から次へと、あれも持ってけ、これも持ってけ、とサービス精神にキリがない水口さんを制止してイベントを終了しました。皆さん水口さんのお米くらぶ会員が増えるように、ご協力よろしくお願いします!(報告:中村陽子)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年10月6日

10月3日 もてぎハッチョウトンボの棚田の稲刈り

DSCN0771DSCN0773

もてぎツインリンクもてぎ内にあった放置田を復元し、2004年から稲を育て始めて12年目、10年ほど前から積水化学工業グループの自然塾の皆様が稲作りに協力して下さっています。復元するのも大変ですが、作り続けることはもっと大変。メダカのがっこうの方では最近、人数を確保するのに苦労していますが、積水化学自然塾の方は努力を怠らず、たくさんの家族連れが参加して下さっています。

昨年あたりから、竹ぼうき除草のタイミングを逃さずに草取りを行い、今年からはさらにダックホーという草取りの新兵器が登場して、見事に草対策に成功。今年は今までで最高の稲の姿が見られました。しかし、山間で水も冷たく、稲はあまり分けつしなかったらしく、田植えの段階で、もっと1株の苗の本数を多くするべきかななどと、反省しています。苗代がかかるのを覚悟で、来年実験してみますか。

DSCN0770

稲刈りはふつう水が落としてあるので、運動靴でもできるのですが、この田んぼは水を落としてもぬかるみが解消せず、足が泥に盗られて身動きができません。刈った稲を畔まで運ぶのにも一苦労。こども達がお父さんから受け取った稲束を畔に置く役目をしていました。稲穂が泥につかり、すでに芽が出てしまっているものもありました。種には適期以外の時期には発芽抑制ホルモンが働くと聞きますが、それが働かなかったのでしょうか。

DSCN0774DSCN0777

初めて1時間くらいたつと、子どもたちは徐々に生きものを追いかける方に抜けていき、戦力は大人だけになってきます。カエルやザリガニ(この外来種はこの田んぼから除去します)イナゴやバッタなど追いかけ、捕まえ、生きもの博士に聞きに行ったりと、楽しんでいたようです。田植えと違って稲刈りは、刈る⇒運ぶ⇒束ねる⇒ハザカケすると、作業量が多いので時間がかかり、おひるごはんも遅くなってしまいました。お昼のおむすびと味噌汁や漬物のおいしかったこと。

DSCN0781

メダカのがっこうの参加者が少なかったので、積水化学自然塾の方がお帰りになった後も、メダカのがっこうの棚田の稲刈りが続きました。みんなで黙々と作業をして最後までやりきった時の喜びは最高でした。皆さんも、苦しい作業が楽しい思い出になるので、どうぞ来年は参加してくださいね。(報告:中村陽子)

2015年10月5日

9月27日 東北支援の棚田の稲刈り

DSCN0765DSCN0712DSCN0708

茂木のひっそりとした山間にある東北支援の棚田、今年もNPO法人底上げの若者たちと一緒に、稲を育てました。交代で草取りを頻繁に行ったおかげ、草を抑えることに成功、稲が立派に実り、稲刈りを迎えました。

DSCN0697DSCN0727

都会でパソコンの前で毎日働いている私たちには、この静かな棚田の空間は、別世界。体の緊張がほどけ、心が楽になります。すべてが手作業なので、鎌で刈り、束ね、はざかけをする。作業量が多いので、身体はくたくたになりますが、帰ると元気になっているから不思議です。稲刈り終盤、みんなの疲れも胸突き八丁のころ、トラックの荷台に乗った子どもたちのはしゃいだ声が谷間に響きます。その張りのある声を聴くと、もう一つ元氣が出てくるのです。

DSCN0741DSCN0724DSCN0729

ここは実はツインリンクもてぎの敷地内、全く農薬や化学肥料を使わない生きものいっぱいの山間ですが、放置されて荒れ地の湿地のようになっていたところを、棚田を復元してからは、さらに生きものが豊かになりました。稲刈り後の稲株には、小さなクモたちがウヨウヨ、1株当たり2~3匹は見つかるとなると、田んぼ全体ではどれほどのクモがいるのでしょう。

DSCN0757 DSCN0764DSCN0752DSCN0755

珍しい野の花たちにもたくさん会いました。まだまだ稲刈りする棚田があります。続きは10月12日に行います。参加なさりたい方は、中村陽子まで直接ご連絡ください。ここで収穫したお米は、岩手県田老町と大槌町の児童館や保育園の子どもたちに田んぼ紙芝居やおむすび教室をやりながら手渡しします。

DSCN0748

これからも東北支援の棚田の作業、手伝ってくださる方募集しています。(報告:中村陽子:090-3472-2038)

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年10月1日

9月20日 食とお米とその周辺の研究会(稲垣栄洋氏をお迎えして)

前々回のテーマである「味噌力」で、稲垣栄洋(ひでひろ)氏の著書『徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか―家康のあっぱれな植物知識』から、玄米と味噌の相乗力を発見し活用した戦国武将の強さと植物の知恵の深さなどを引用させていただきました。彼は、現在静岡県農林技術研究所の主任研究員で、田んぼを中心に農業や農村が作り出す自然や風景の魅力や役割を研究なさっていて、メダカのがっこうとはかなり近い方だと思います。

DSC_1828DSC_1827

興味深かったのは、田んぼは人間が関わることで成り立っている人工のものだが自然のように感じられる。(二次自然)そして、田んぼは、人の手が全く入らない原自然より多くの生きものが住めるということ。それは、人の手が入ることで、弱いものが生きられる環境になるからだという。たとえば、草を定期的に刈ることで、背の高い草が刈られ、背の低いたくさんの草が生えることができる。しかし田んぼにU字溝などの基盤整備や農薬・化学肥料など多くの手が入りすぎると、生きものが住めなくなる。生物多様性を実現するには、よい関わり方がある。それを追及しているのがメダカのがっこうだと、改めて活動の意味がわかりました。

また、ヨーロッパと日本の違いで面白いことが2つ。1つ目は、ヨーロッパの人はトンボが大嫌いだということ。英語でトンボはドラゴンフライ、つまり悪魔の使いと言われる。多分それは、トンボが生まれるのが湿地なので、それが嫌われたのだろうということ。それに引き換え、日本人はトンボが大好きですよね。

2つ目は、ヨーロッパの田園風景が広々していて家も点在していて美しいのは、面積当たりの養える人間が少ないから。つまり土地の生産性が低いから。日本の農村が比較的ごちゃごちゃしているのは、それだけ面積当たりの養える人間が多いから。つまり土地の生産性が高いからだということです。

後半は、味噌とお米の相乗効果や、戦国武将の兵糧となったこの基本の食についてや、「御」が付く食べ物をみんなで探して、御米、御醤油、御味噌、御御御付け、など30個以上出たでしょうか、古くから日本にある食の重要性を学びました。(報告:中村陽子)